« 2011年5月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年6月

菅総理とメディアの表現ととコミュニケーションの心理

自分の言葉をマスコミ各社がどう受け止めようと、私の知ったことではないと、
菅総理はおっしゃっています。

たしかに、新聞の見出しに注文はつけられません。
しかし、プロのみなさんが、「早期退陣」と受け止めたのは事実です。
そのように受け止められてもしかたがない言動だったのでしょう。
それでも、自分は知らないというのなら、

「消防署の方から来ました」と言って小火器を売りつけるインチキ商売のようなものです。
自分は「消防署の方から来た」と言っただけだ、それを「消防署の方から来た」と誤解したのは相手のせいだと言っているような気がします。

自分はそんな気はないとしても、多くの人(しかもまともな人たち)がそう受け止めてしまったとしたら、
語った方の責任も当然あるでしょう。

それが、コミュニケーションというものだと思います。

コミュニケーションの心理学(こころの散歩道)
 
 
メディアの表現、関知しない…退陣示唆で菅首相 Yahoo!JAPAN ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110603-00000644-yom-pol

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2012年2月 »