« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

「増産もう無理」 飲料水メーカー悲鳴:防げ、水道水パニック!


必要もない人まで買いあさり、工場は悲鳴を上げ、本当に必要安人にはいきわたらない。
これで、良いのでしょうか。

私たちみんなで、大災害に立ち向かっていたのではないでしょうか。
火の中に飛び込もうとか言っているのではなく、
今すぐ必要ないものは、買うのはやめましょうと言っているだけなのに。

「被災地を思うと一本でも多く生産したい」という生者者の思いを受け止めましょう。

被災地のためにも、パニックや買いあさり、風評被害の発生と対策について考えましょう。

>>防げ!水道水パニック:みんなで赤ちゃんを守ろう

>>風評被害の社会心理学:災害に負けるな!みんなで北関東の野菜を食べよう!
 
 
東日本大震災 「増産もう無理」 飲料水メーカー悲鳴 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000028-maip-soci

| | コメント (1) | トラックバック (0)

取材スタッフの心のケア:惨事ストレスケア

プロの心も傷つきます。マスコミも同じです。
彼らも災害現場で心身ともに疲れ果て、心が深く傷つきます。

本社に残っている人も傷つきます。
残った人も激務です。そして現地から戻ってきた人の話を聞き、編集前の映像を見てしまいます。

プロは時に傷つき休むことが許されません。
だからこそ、マスコミ関係者の惨事ストレスは深くなりやすいのです。

→続きを読む
マスメディア・スタッフの心のケア:新聞、テレビ、ラジオ、雑誌スタッフの惨事ストレスケア(私が見たスタッフの心)
 
 
テレビ局スタッフもPTSDに…報道映像がトラウマ ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000011-ykf-ent

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災教育の心理学:「てんでんこ」三陸の知恵が子供たちを救う

避難訓練、防災教育は、しばしば馬鹿らしいと感じることもある。単純でシンプルな内容が毎年繰り返されるからだ。たとえば地震の時は机の下に隠れるなど。しかし、この単純さと反復が、実は大切だ。

災害発生時、人はみな混乱し、難しいことを考えたり、行動できなくなってしまう。

今回「てんでんこ」教育を受けた子どもが、「無意識のうちに高台に逃げていた」と語っている。そうだ、単純な内容を繰り返し行う防災教育、避難訓練によって、とっさの時に正しい行動が取れる。

津波の時は、家族を捜したりせず、一人ひとりが一目散に高台へ逃げろ。常識や、一般の避難行動とは反する教えだからこそ、繰り返しの教育と訓練が必要だった。この学校の防災教育は成功した。

「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000603-yom-soci

日本大震災の災害心理学

| | コメント (0) | トラックバック (1)

流言・デマ・チェーンメール・ツイッター

大地震の時には、いつも流言が広がっている。
被災範囲が広く、余震など被害が繰り返され、そして膨大な情報がなされることが、流言のもとになる。

ここに、大きな不安を抱えた人々が、曖昧な状況にされされたとき、流言は広がる。

東日本全体に広がった大震災、そして不気味な原発事故。

流言が広がる条件は十分だ。

しかも、今回はツイッターが普及して最初の大災害。

誤った情報の爆発的拡散、流言の被害を防がなくてはならない。

>>そのためには、

災害時の流言(デマ):流言の心理・広がる原因・対策(心理学総合案内こころの散歩道)

東北地方太平洋沖地震の災害心理学:命と心を守るために

ウェブマスター碓井のツイッター
 
 
不審な義援金チェーンメールご用心…相談相次ぐ ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000665-yom-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流言、デマが広がる理由

大地震の時は、いつも流言が飛び交う。

ツイッター、メール。インターネットが普及した今、
一歩間違えば、流言は恐ろしい勢いで広がる。

地震予知の研究をするように、
堤防を作るように、

流言のメカニズムを知らなければ。

>>続きを読む
災害時の流言(デマ):その原因、心理、予防法
 
 
みなさんご注意を。震災に関するデマをまとめた記事です ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000317-giz-ent

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風評被害の社会心理学:災害に負けるな!みんなで北関東の野菜を食べよう!

北関東4県の野菜が売れない「風評被害」が広がりそうです。

風評被害とは何か。
なぜ、風評被害は起きるのか。
どうすれば、風評被害を防げるか。

ご一緒に学び、ご一緒に被災地のために戦いましょう。

>>風評被害の社会心理学:災害に負けるな!みんなで北関東の野菜を食べよう!:北関東野菜大作戦発動
 
 
「4県産野菜売れない」制限品目以外の返品も(ヤフーニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000947-yom-soci

全国の主な卸売業者の約4割に、制限品目以外の返品や契約破棄が広がっている・「4県産の野菜は売れない」との悲鳴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風評被害の社会心理学 :災害に負けるな!みんなで北関東の野菜を食べよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

被災の民主議員:おくやみと応援:ポスト・トラウマティック・グロース

大きな苦しみをご体験された政治家の方が、大きな貢献をし続けてくださることを。

民主党の黄川田徹衆院議員は、今回の東日本大震災で、
ご子息を亡くし、ご両親と奥様が行方不明という状況です。

心からお悔やみ申し上げたいと存じます。

そのような中、地元のために奔走されているのでしょう。
その中での、「決断と実行に欠ける」という政府批判の発言なのでしょう。

この後の、民主党内のお立場が心配です。

しかし、人は大きな苦しみを通して、大きく変化成長することがあります。

ポスト・トラウマティック・グロース:外傷後成長
大きく傷ついた後で、人はしばしば愛他精神を成長させます。

ぜひ、黄川田議員には、今後とも政治家として活躍してほしい。
いや、今回の体験を通して、さらに国民のために体活躍する政治家になってほしいと、願っています。
 
 
ポスト・トラウマティック・グロース:外傷後成長:深い傷から成長する人々(心理学総合案内こころの散歩道)
 
 
決断と実行に欠ける…被災の民主議員、政府批判 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00001013-yom-pol

| | コメント (2) | トラックバック (0)

被災児童の不安、心のケア(東日本大震災)

大災害を経験した子どもの小さなこころに、大きな不安とストレスがたまり始めています。
ヤフーのニュースによると、夜泣き、乱暴、ぬいぐるみを抱きしめ続ける、おもらし、暗い絵ばかり描くようになったなど、様々な子どもの心の変化が報告されています。

子どもは、このような行動を通して、必死に災害ストレスと闘っています。
子どもの不安定な心や、行動を変化を大人がしっかり受け止めましょう。
 
 
>>続きを読む
子どもの心のケア:災害で傷ついた子どものへの対応:子どもは遊びで癒される・みんなで子どもを守ろう(心理学総合案内こころの散歩道)
 
 

小さな体に大きな不安=絵からピンク色消えた―被災児童、言動に変化・東日本大震災(ヤフーニュース)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原殺傷、悲しみ今も―加藤被告に24日判決:犯罪心理学

「悲しみ今も」。そりゃあそうです。まだ、たったの3年です。悲しみが癒されるわけがありません。

家族の死の痛みは、そんなに簡単に消えません。
ましてや、自分の子どもの死です。
ましてや、殺人事件の被害者です。
ましてや、無差別殺人、「誰でもいいから殺したかった」などと言われた事件です。

悲しみ、怒り、悔しさは、あの時のままでも、当然です。

事件の時も、裁判の時も、もっとああしていればよかった、そんな思いもわいてくれうでしょう。
裁判は一審判決後も続くでしょうか。長い道のりです。
最終的に死刑判決が出て、刑が執行されるでしょうか。

それで、事件は一応終わりでしょうか。

いえ、被害者、ご遺族にとっての事件の苦しみと、それを乗り越える長い旅は、まだまだ続くのでしょう。

東日本大震災の大ニュースの中で、他の記事が埋もれてしまいそうですが、決して忘れてはいけません。
 
 
秋葉原無差別殺傷事件の犯罪心理学(こころの散歩道

助けられずごめん」=秋葉原殺傷、悲しみ今も―加藤被告に24日判決・東京地裁(ヤフーニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000079-jij-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「見捨てないでくれ」被災者の心理

三陸以外の被害もすごい、自分たちを見捨てないでくれと、宮城県山元町の人々は、語ります。

被害者の心が折れてしまうのは、災害自体のダメージによるのではなく、
そのあとの、無力感、孤独感のためです。

自分たちは見捨てられたのではないか、そんな心が、無力感と孤独感を生み、心身の健康をうち砕きます。

「必ず助けに行く」「決して見捨てない」
支援物資と共に、被災者のみなさんに、届けたいメッセージです。

まだ支援物資が届かないみなさんへ:「必ず助けに行きます」:東日本大震災の災害心理学(こころの散歩道)
 
 
津波暴威、地区壊滅「見捨てないでくれ」 宮城・山元 (ヤフーニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110322-00000012-khk-l04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害とラジオの力

ラジオには力がある。
東京から流れるテレビが、大きいことは報道しても、被災地に直接役立つ情報はないのに、
地元ラジオは、生活密着型の情報を流し続けてくれる。

ラジオは、実用的情報だけではない。

テレビ報道で不安になり心が疲れている人へ。

ラジオでは、まじめな被災者支援の話題を取り上げながらも、いつもの明るい雰囲気を保っている番組も始っている。いつも以上に子ども向けの明るい曲が流れたりもしている。傷ついた心に、ラジオは、おすすめ。

私自身が、地元のラジオに出演し、ラジオのスタッフともリスナーとも話しているので、良く分かる。
ラジオには、力がある。

深刻な話題だけれど、それを理解しなががら、いつものように笑顔で放送できる不思議な力。
「いつものラジオの声を聞いて、ほっとした」。そんなメールが寄せられる。

少ないスタッフで頑張っているローカルラジオ。
いつもはゆるキャラのアナウンサーがスタッフミーティングで言っていた。

「ラジオは僕が守る」。
 
 
北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の災害心理学:命と心を守るために(心理学総合案内こころの散歩道)

ウェブマスターのツイート


被災地で頼れるラジオ、メーカーに提供要請 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000731-yom-bus_all

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土肥氏倫審会長辞任:日韓問題、政教分離問題

土肥氏の行動は、大問題。しかし、日韓友好はすすめたい、そして政教分離の問題はない。

民主党土肥隆一衆院議員が、日韓キリスト教議員連盟による、
「日本政府に対し竹島の領有権を放棄するよう訴える韓国側との共同宣言」に署名。
とんでもない。竹島は日本固有の領土。宣言も一方的。議員の行動は問題。

しかし、けれどもその一方で、日韓友好のため、いや日本のために犠牲を払い活動している韓国のキリスト教徒や政府、行政関係の人々も確かにいることは、覚えておきたい。

それから、彼の活動が政教分離に反するといった声も、ネット上で聞かれるが、
これは、ちょっと誤解かな。
 
 
憲法 20条
「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」
「 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」 
 
 
政教分離は、基本的には国が宗教に口を出さないことかと。

だから、誰かが、仏教やキリスト教や無視論に基づく政党を作って堂々と主張しても問題なし。
ヨーロッパ各国には、「キリスト教民主党」といった政党がたくさんある。
 
 
私たちには、信教の自由がある。
そして、その政党に投票するかどうかは、国民の選択。

たとえば「仏教慈愛党」とか「キリスト教隣人愛党」とか作って、信仰心に基づく政治活動をしても、もちろんOK。
それぞれの信教の自由、政治活動の自由は守られなければならない。

ただし、我が党は教祖の意志で動いているわけではないと公言しておいて、実際は教祖が動かしているとしたら、これは憲法問題とは別に、ウソつきだからダメ。
 
 
公明党の活動も、憲法上もちろん問題なし。
ただし、公明党自らが社会からの様々な声に応えて、
政教一致を意味すると見られてきた「王仏冥合」という言葉を党綱領から削除。
「会員個人の政党支持について、会員の自由意思には、全く干渉しない」としているので、
そのように、活動されているのだろう。(ウィキペディア)
 
 
宗教団体が政府に働きかけるのも自由。組合や、職業団体などが、政府に働きかけるのが自由なのと同じ。
ただし、もちろん合法的に。裏で脅すようことは、どの団体でもだめ。
 
 
私は、私たちの心の自由を守りたいと願っている。何を信じ、何を主張しても自由。ただし、ウソをつかないこと。他者の人権を侵害しないこと。カルト宗教の問題は、信仰の内容自体ではなく、ウソをつき、信者や他の人々の人権を侵害して金銭や自由や健康を奪っていること)。

民主・土肥氏が衆院政倫審会長辞任へ 与野党からの批判噴出で:ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000537-san-pol

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6歳の孫を殺害後祖母自殺か:祖母の思い、無理心中の心理

殺人は、許されません。しかし、殺人はいつも利己的動機によって起こるわけではありません。

福島県で、50の女性が飛び降り自殺で亡くなりました。
6歳の孫も遺体で発見されました。首には絞められたあとがありました。
祖母と孫の二人暮らしでした。孫を殺して、自分も自殺した無理心中なのでしょうか。

両親が子どもを育てられず、祖父母が育てている例は、たくさんあります。
このような祖父母は、多くの場合、責任感が強く、一生懸命孫の面倒を見ています。
時には、その一生懸命さのあまり、孫と気持ちのすれ違いが起きてしまうこともあるほどです。

今回の事件では、まだ事情もわかりません。
しかし、恐らく憎くて孫を殺したのではないでしょう。
むしろ、していたからこそ、思い詰めてしまったのではないでしょうか。
愛他的殺人」です。

祖母たった一人で、過剰な責任を一人で背負い、
心理的に追い詰められたのでしょうか。

孫にとっておばあちゃんは大切な存在だったでしょう。
それでも、もしも祖母がいなくなったとしても、
孫は社会からの支援を受けて、生きていけたはずなのですが。

愛他的殺人家族無理心中。とても日本的な悲劇です。
子どもには親や祖父母が必要です。
でも、それでも、子どもは親や祖父母がいなくても、強く育っていきます。

亡くなったお孫さんは、この春、小学校に入学する予定でした。

 
ウェブマスターの本
『あなたが死んだら私は悲しい 心理学者からのいのちのメッセージ』


女性死亡:住んでいた団地で6歳孫の遺体も発見 福島
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110305-00000072-mai-soci

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンニングの心理学

カンニングをする人には、心理的に追い詰めたれた真面目で神経質なタイプと罪の意識を感じない、確信犯的タイプがいるだろう。

また、どんんな人でも、難しい問題がだされ、そしてカンニングがしやすい環境であれば、カンニングの誘惑に勝つことは難しいだろう。

入試の試験監督には難しさもあり、また油断もあっただろう。

報道によれば、逮捕された予備校生の男性は、成績も良くスポーツも得意な、文武両道の生徒だったという。

→続きを読む
カンニングの心理学(こころの散歩道)
カンニングで捕まってしまった君へ :京都大学入試問題ネット投稿問題:罪を憎んで人を憎まずの心理学
 
 
<入試ネット投稿>「合格したかった」 京大志望、試験不調 ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110303-00000121-mai-soci

なぜ予備校生は“禁じ手”に走ったのか イザ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入試で「監視がない」理由:試験監督の体験から:京都大学入試問題ネット投稿問題・カンニング事件

京大などの入試問題がインターネットを通して流出したカンニング問題。
私も、いろいろ試験監督をしてきましたが、学生相手の定期試験と入学試験では事情が違います。

大学院の学生だった頃、アルバイトで某大学の定期試験の監督をやりました。
ほぼ毎日、カンニングの学生が捕まっていました。私も捕まえました。
しばらく監督をしていると、怪しい学生がわかります。

試験中に挙動が不審ですし、妙に試験監督と目が合ってしまいます。
普通の学生は試験に集中していますが、カンニングを考えている学生は、
試験監督の動き、位置を気にして、試験監督の方を見るからです。

試験監督は捕まえることが本来の目的ではありませんので、あやしい学生には、
そばに立ったり、遠くから視線を送るなど、プレッシャーをかけてカンニングを防止していました。

それでも、気がついたときにはカンニングペーパーを取り出して見ていたときなどは、
後ろから静に素早く近づき、証拠を取り押さえます。

   ***

さて、入学試験の試験監督の場合です。

入学試験は試験範囲が広いですから、カンニングの定番であるカンニングペーパーは使えません。
それに、さすがに入試でそんな大それたことをはしないだろうとも思えます。
また、入学試験の受験生は、まだ学生ではなく、お客様ですから、大事に扱います。

もちろん、厳正で厳しく試験を進めますけれども、
定期試験のように、怪しい受験生のそばに立ったり、じっと見つめたりはしにくいものです。

特定の学生の近くにばかりいたり、心理的プレッシャーを与えることは、
むしろ後々問題になりかねません。
「カンニングをしそうな予感がしたから」という理由は、言い訳にはならないでしょう。

このような穏やかな試験監督をしていた結果、
入試で「監視がなかった」と感じた高校生もいたのかもしれません。

ただし、言うまでもなく入試でカンニングを許すわけにはいきません。
普通は、適宜、机間巡視(机の間を歩いて見まわること)を行います。
特に決まりや打ち合わせはなくとも、試験監督どうして、なんとなく役割分担をするでしょう。

今回の事件で、来年度からは入学試験でも、
「もっとしっかりとカンニング防止のための試験監督をするように」
ということになるのでしょうか。

カンニングは、絶対に許せない。
でも同時に、緊張している受験生がリラックスできるように、暖かく接してあげたいとも思うのですが。
 
 
カンニングの心理学:なぜカンニングするのか、どう防止するのか(こころの散歩道)

カンニングで捕まってしまった君へ :京都大学入試問題ネット投稿問題(罪を憎んで人を憎まずの心理)
 
 
受験の緊張と不安を下げる方法:受験生と保護者のために(心理学総合案内こころの散歩道)
 
 
入試問題流出、昨年6月から別名で予行演習か 類似投稿180問、お礼の一文など酷似(ヤフーニュース)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110301-00000576-san-soci

“都内18歳高校生”がネットで名乗り「京大は監視ない」 入試問題流出(ヤフーニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000563-san-soci

【速報】京大入試問題カンニング事件【aicezuki知恵袋・mixi・twitter】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »