« 自殺の心理:自殺者12年連続3万人超(自殺対策白書) | トップページ | 中3女子飛び降り自殺と遺書:こころの散歩道 »

中3男子公園で自殺:暴力を受けていた?

自殺していた中学生は、学校に「暴力を受けている」と相談をしていたそうです。

暴力やいじめを受けていると相談されたときに、まっさきにすべきことは、
「絶対に君を守る」と安心感を与えることです。

いじめっ子の心の中を直すのは、時間がかかりますが、行動は抑えられます。
しかえしなどは、もってのほかです。

たしかに、簡単にいじめを根絶することはできません。
しかし、そんなことを今話しても、ますます不安のさせるだけです。

「よく言いにきてくれた。勇気があるぞ。全教職員をあげて、絶対に君を守る。」と
伝えたいと思います。

ときに大人たちは、「なぜもっと早く言わなかったんだ」と責めてしまうこともあります。
あるいは、いじめの事実関係をしらべることに力が偏ってしまい、
いじめ、暴力の被害者のケアがおざなりになってしまうこともあります。

まず第一にすべきことは、相談にきてくれた子の勇気をたたえ、安心を保障することです。
彼らは、おとなの想像以上に傷ついています。

子どもは、おとなには考えられないような理由で、突然自殺してしまうこともあるのです。


いじめ自殺を防ぐために:君はひとりじゃない(心理学総合案内こころの散歩道)


ウェブマスターの新刊
 

2010年5月27日発行
 
あなたが死んだら私は悲しい 心理学者からのいのちのメッセージ
自殺問題を考える全ての人のために


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100612-00000035-mai-soci

|

« 自殺の心理:自殺者12年連続3万人超(自殺対策白書) | トップページ | 中3女子飛び降り自殺と遺書:こころの散歩道 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534624/48611259

この記事へのトラックバック一覧です: 中3男子公園で自殺:暴力を受けていた?:

« 自殺の心理:自殺者12年連続3万人超(自殺対策白書) | トップページ | 中3女子飛び降り自殺と遺書:こころの散歩道 »