« 生徒指導の現実原則と快楽原則:「流産させる会」から考える | トップページ | 永山基準と死刑制度から考える心の問題 »

フィギュア世界選手権から考えるスポーツとプレッシャーの心理

ココログニュース「世界フィギュア、コーチもブロガーも大激怒」で、選手達が受ける様々な重圧、心理的プレッシャーの問題が取り上げられています。

フィギュア世界選手権、そしてバンクーバー冬季オリンピックに向かって、浅田真央が受けている重圧。それは単に試合に臨んでの緊張といたものだけではなく、様々な人々の思惑が絡み、国民感情が交差し、ビッグビジネスに翻弄される重圧です。

その意味では、キム・ヨナもまた、犠牲者ではないかと、ココログニュースは語ります。

ーーーーーーーーーーーーーー

スポーツの重圧の犠牲者として記録に残るのは、自殺した円谷選手でしょう。

もう一人、冬のオリンピックでの選手への重圧としては、長野オリンピックジャンプ団体での原田選手がいます。

その前のリレハンメルオリンピックでは、金メダルが確実と思われたジャンプ団体で、原田選手が失敗ジャンプ。金を逃します。

その後、1年ものあいだ、嫌がらせの電話がかかり続けたそうです。

このように4年間、彼と彼の家族が受けたすさまじい苦しみ。
そして、長野オリンピックでは、原田選手の大ジャンプのおかげで、金メダルでした。

その時の、泣きじゃくる原田選手。

「長かった.....」「腰が抜けた......」「みんなの力......」インタビューを受けても言葉になりません。

実況アナウンサーは、

「美しく、見事な(感情の)崩壊」と表現していました。

ーーーーーーーーーーーーーー

日本中が感動に包まれた一瞬でしたが、
もし、今回も金メダルが取れなかったらどうだったのでしょうか。

団体金の2日前、原田選手は個人で銀メダルを取っていますが、その時、原田選手の奥さんは語っています。

「いつもあのこと(4年前の失敗ジャンプ)が出てくる。かわいそうです。これで帳消しになるのでしょうか。団体戦で金をとらないと許してもらえないのでしょうか」


世界レベルの選手を育てるのには、莫大なお金がかかります。
きれい事だけでは、すまいないでしょう。

それでもなお、大成功や、勝利や、金メダルへの拍手しかできないとしたら、
私たちのスポーツへの心は貧しいものではないでしょう。


子どものころからスポーツに励み、日本代表になるほどの才能と努力の人々が、
スポーツをしてきて幸せだったと、思えますように。

ーーーーーーーーーーーーーー


原田選手、美しき崩壊の心理(こころの散歩道)

長野オリンピック清水選手の金メダルから学ぶ緊張とリラックスの心理(こころの散歩道)

ソルトレークオリンピック清水選手銀メダルから学ぶ自信喪失と復活の心理(こころの散歩道)


長野オリンピックとパラリンピックで学ぶ心理学(こころの散歩道)

ソルトレークオリンピックで学ぶ心理学(こころの散歩道)

スペシャルオリンピックスの心(こころの散歩道Yahooブログ版)


『誰よりも遠く―原田雅彦と男達の熱き闘い』

『パパ、やったよ―原田雅彦・恵子夫妻ふたりの自叙伝』


|

« 生徒指導の現実原則と快楽原則:「流産させる会」から考える | トップページ | 永山基準と死刑制度から考える心の問題 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534624/44526705

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア世界選手権から考えるスポーツとプレッシャーの心理:

« 生徒指導の現実原則と快楽原則:「流産させる会」から考える | トップページ | 永山基準と死刑制度から考える心の問題 »